復縁を神社で祈願するなら東京大神宮もオススメ!復縁を叶えるために

気になるあの人との縁を再び復活させるための「復縁祈願」は、どこの神社でもいいわけではありません。

きちんとご利益のある神社で行わなければ意味がありません。

そこで今回は、復縁を神社で祈願する上で外せない東京大神宮についてお伝えします。

復縁を叶えるために何をすればいいのかご紹介します。記事の最後には無料で復縁の相談ができるとっておきの情報もお伝えしているので、チェックしてくださいね。

復縁を叶える? 東京大神宮とはこんな神社

img_1

出典URL:http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-ed-8a/onionionikinako/folder/339815/41/3247441/img_1?1306071339

恋愛成就と縁結びの霊験あらたかなパワースポットとして大人気なのがこの東京大神宮です。

元々は、遠方にある伊勢神宮をもっと気楽に・安全に参拝できるようにという明治天皇のご意向で「東京でもお伊勢詣りができるように」と作られた神社です。

そのため、東京大神宮を参拝することで伊勢神宮にいらっしゃる神様「天照皇大神」と「豊受大神」、「造化の三神」からのご利益を授かることが出来ます。

出雲大社を代表格とする大国主神が「国家の父」であるなら、伊勢神宮系統の天照皇大神は「国家の母」とも呼ぶべき存在です。

衣食住はもちろん、恋愛や結婚に関する祈願を行うのには最適の神さまです。

また和風の「神前結婚式」を最初に確立した神社としても有名ですので、境内にはここで神さまに祈願を行い、結婚という形で成就したことをカップルで報告に来る人たち、結婚式を挙げる人たちの姿を多く見られます。

縁結び祈願の効果の高さを目の当たりにすると、俄然やる気も出てくるというものです。

復縁を祈願するにはもってこいの場所ですよね。

東京大神宮で復縁祈願を行う方法

まずは東京大神宮の本殿に復縁を願う参拝を済ませたら、お守りを手に入れましょう。

東京大神宮で取り扱うお守りは効果の高さがクチコミで人気です。

即効性があることでも有名で、「手に入れて一ヶ月以内に彼氏ができた」「手に入れた帰り道に素敵な出会いがあった」という成功例が数多く聞かれます。

たくさんの種類があり選ぶのにも一苦労ですが、復縁を願う場合は「鈴蘭のお守り」がおすすめです。

これは幸福を手に入れる効果があるため、貴方にとっての幸福を呼び込んでくれます。

次にオススメしたいのが、「恋みくじ」を引くことです。

おみくじにもいくつか種類がありますが、最もおすすめなのは和紙人形付きの恋みくじです。

恋愛に対するアドバイスが書かれているのですが、下手な占いより的確に当たるんです!

神社で神さまの参拝して心を鎮めたら、お守りで授かったパワーを強化し、恋みくじで今後の自分がどうするべきか占う、この方法で復縁はばっちりです!

恋みくじの内容をどのように受け止めればいいの?

「復縁」を願う人たちからの支持が厚い東京大神宮ですが、参拝者の誰もが必ず「復縁」しているというわけではないようです。

中には、「元彼との縁をもう一度と願ったけれども、元彼とは違う魅力のある人と神社の参拝後にご縁があって交際がスタートした」という人もいるようです。

恋みくじの内容は、必ずしも自分が思い描く方向通りの託宣とは限りません。

中には思いもよらない出会いがあることも。

「貴方の幸せは他にありますよ」という神さまのメッセージもありますから、自分を見つめなおすきっかけにしてみましょう。

東京大神宮のお守りとおみくじは半年以内に効果がでるものなので、いつまでも復縁に拘ってせっかくの縁を台無しにしてしまうよりは、新たな縁を大切にする方が貴方の幸福に繋がるでしょう。

まとめ

復縁のご利益がある神社である東京大神宮で祈願するための方法についてお伝えしました。

伊勢神宮に参拝したことと同等の意味を持ち、天照皇大神をはじめとする女神様たちのご利益を授かることが出来る神社ですから、非常に効果のある託宣を授かることが出来るパワースポットです。

心身を清め、神さまからのメッセージを受け止めると願いを叶えることが出来るでしょう。

最後に、お伝えしたいことがあります。

実は、無料で10分間無料で電話占いをしてくれるサービスがあるので、参考までに紹介させていただきます。

私自身やってみてわかったのですが、復縁の相談もでき、とても参考になりました。

なかなか面と向かって初めて会う占い師の方に復縁等を含めた恋愛相談がしにくい方は電話占いを活用するのも悪くないと感じました♪

テレビで有名な占い師にも相談できる電話占いのULanaでは初回限定で10分間無料で利用できます。

アフターフォローも万全!【電話占いのULana(ウラナ)】

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ