東京で復縁のための駆け込み寺が話題に!?復縁におすすめのお寺はここ!

緊急時に駆け込んで力を貸して貰える場所を「駆け込み寺」と呼びますが、復縁を願う人にとってはまさしく願ったり叶ったりの場所が東京にはあります。

今回は東京で話題の、復縁を叶えたい人におすすめの駆け込み寺となるところをお伝えします。

最後には無料で復縁の相談ができるとっておきの情報もお伝えしているので、チェックしてみて下さいね♪

スポンサードリンク

高尾山薬王院有喜寺(八王子市)

img_1155-624x416

出典URL:http://freesozai.photoclip.jp/wp-content/uploads/IMG_1155-624×416.jpg

関東有数のパワースポットとして有名な東京都八王子市にある高尾山は、恋愛の駆け込み寺でもあります。

天狗伝説のある高尾山は山全体が浄化のパワーに満ちあふれています。

この浄化の力で願いを阻害するものを清めてもらい、境内にある縁結びスポットで復縁を祈願しましょう。

山頂まではケーブルカーもありますので、ハイキング気分で参拝することも可能ですが、本気で願うのであれば、登山道を通る高尾山参拝をオススメします。

薬王院有喜寺の境内にある愛染明王堂と倶利伽羅王の剣だけではなく、登山道にも数多くの恋愛スポットがあります。

特におすすめが「男坂」です。

傾斜の緩い「女坂」を通って登山することも出来ますが、男坂を通ることで悩みやしがらみから解放され、新しい気持ちで新たな一歩を踏み出すことが出来ます。

願いをどうしても成就させたいのであれば、これも一つの試練だと考えて頑張ってみましょう。

豊川稲荷東京別院(港区)

17dea607

出典URL:http://livedoor.blogimg.jp/maddogs_1/imgs/1/7/17dea607.jpg

「お稲荷さん」といえば狐のイメージがありますが、こちらの豊川稲荷東京別院は曹洞宗のお寺の施設です。

本尊としてお祀りする豊川荼枳尼眞天は白い狐にまたがった姿で良く描かれる神さまです。

境内には縁結びのご利益のある愛染明王が祀られており、「救う人を選ばず手をさしのべてくれる」とされる豊川荼枳尼眞天とあいまって、参拝に訪れた人を誰も救ってくれる存在です。

厚い信仰を集めている駆け込み寺的なスポットです。

また豊川稲荷東京別院は福を招き商売繁盛や厄除け・良縁をもたらすほかに縁切り寺としても有名です。

「復縁を願うのに、縁を切っては意味がないのでは?」と思うかも知れませんが、悪縁を絶ちきっておかなければ、良縁が活かされません。

悪い縁は神様にお願いしてさっぱり綺麗に片付け、良縁のチャンスを逃さないようにしましょう。

縁を切ってくれるのは本殿に鎮座する豊川荼枳尼眞天ではなく、境内の奥にいらっしゃる叶稲荷尊天です。

まずは本殿に参拝し、その後に叶稲荷尊天に縁切りを願った後、愛染明王を参拝すれば完璧です。

もっと確実に、神様に願いを届けたい場合はご祈祷をお願いしましょう。

午前は7:30より6回、午後は13:00より4回行われます。予定時間の10分前までに受付を済ませましょう。

ご祈祷にかかる料金は5,000円~です。金額に応じて、授かるお札の大きさや材質が変わります。

スポンサードリンク

法華経寺(鹿児島県霧島市)

最後にお伝えするのは、東京にはありませんが復縁を願う人には心強い、祈祷をお願いできるお寺です。

住職の神宮司龍峰氏は苦くて苦しい恋愛の相談にのってきた経験が深く、離婚や不倫と言ったなかなか人に言えないナーバスな問題にも造詣が深い方です。

恋愛に悩む者にとって法華経寺はまさに駆け込み寺です。

「東京から鹿児島は遠すぎる」という方も、電話相談窓口がありますんでまずはこちらを利用してみてはいかがでしょうか。

値段は30分5,000円と、明瞭な料金体系ですので利用しやすいのもポイントです。

まずは電話相談のための予約電話かメールを法華経寺までお寄せ下さい。

東京で話題の復縁のための駆け込み寺 まとめ

東京で復縁を希望する方におすすめの駆け込み寺をお伝えしました。

どこも復縁のために邪魔になる障害を乗り越え、願いを成就させるために欠かせないパワーを秘めたスポットです。

悩んだら是非、足を運んでみて下さい。

最後に、お伝えしたいことがあります。

復縁相談が10分間無料でできる電話占いをしてくれるサービスがあるので、参考までに紹介させていただきます♪

私自身やってみてわかったのですが、面と向かって占い師の方に相談するのと比べて気軽に相談できました。

テレビで有名な占い師にも相談できます♪

アフターフォローも万全!【電話占いのULana(ウラナ)】

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ